どうせ辞めるならキャリアチェンジ!私が帯同中に資格を取ったワケ

海外生活中

家族への協力をどのように、どんな協力を求めましたか?

この資格取得に関しては、やはりお金も時間も負担も大きかったので夫と実家には本当に感謝しています。

協力を得る為にしたことは、まずこの資格により本帰国後にどのような働き方ができるかを夫や実家に説明したこと(特に転勤族の夫でも妻が働けるというメリットがあることを強調)、そして子どもが新生活に馴染めるようサポートするのを最優先にしたこと(私の都合で子どもの食事や友達との付き合いを後回しにしない)、でしょうか。特に夫には、勉強時間を確保する為に週末子どもを連れ出してもらったり、受験のために1人で一時帰国する際には夫に子どもと留守番してもらったりしたので、夫の協力無しでは無理だったと思います。

実際に選択して、今の心境は?得たものはありますか?

資格取得により、まずは再就職に向けて自分の興味のある分野や仕事が明確になったこと、そしてその道筋を少しでも付けることができたと思います。

ですが、思いがけず駐在期間が延長(2カ国目へスライド)になってしまったので、今は資格を取っただけで何も活用できておらず、また再就職への不安で悶々としはじめています。就職せずとも資格をベースにスキルを身につけるために何かしら行動することが今の課題です。

 

ワンポイントアドバイスがあれば、ぜひ!

①資格取得について・・・日本から近いアジア圏だと、通学や受験の為の一時帰国が比較的容易なので受講しやすいと思いますが、今は学習から受験まですべてオンラインでできるものもあるので、自由な時間のとれる駐在期間中に学びを深めることもキャリアアップに繋がると思います。

②交際と勉強の両立・・・やはり駐在開始の頃は、現地に早く馴染むためにもランチや買い物などの友人との交流も大切だと思っています。私は勉強があると声かけてもらえないかも?それも寂しい・・・と思ったので、勉強していることはあえて伏せて、「自分からは誘わない(我慢)が、お誘いには乗る(我慢しない)」というお付き合いのスタンスで、楽しみつつ勉強時間を確保しました。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧