やってみたいことは、どれに近い?

キャリアについて考える

本サイト運営責任者 駐在妻のキャリアサポートコーチ飯沼ミチエ
「しあわせキャリアの作り方」コラム

「何かやりたい。
でも、そもそも何に向かって行動していけばいいのか
方向性が見えてこない・・・。」

私自身も、ずいぶん長くそんな時期を過ごしました。
そして、私の場合、ひたすら本を読みました。
起業の本、ビジネスの本、興味を持った分野の本、などなど。

それらは決して無駄ではなかったけれど、
こんな方法もあります。

要はね、いろんな人の事例を見るっていうことです。

例えば、突然あなたが江戸時代にタイムスリップしちゃって、
何か仕事をしないと生きていけない状況に追い込まれたとします。

その時あなたは、何をしようか、頭でウンウン考える?

それよりも、街に出て、どんな仕事があるのか、
どんな需要があるのか、見に行った方が早いですよね。

そして、「儲かってそうだな~」っていう人の仕事に、
何かプラスアルファ、

「未来人であるあなたにしかできないこと」
「未来人であるあなただから知っている知識や知恵」

を加えたら、

すぐにお金になりそうな気がしません??

現代人として現代に生活している私たちは、
「世の中にある仕事」については、なぜだか知っている気になって、
ついついそれを忘れたり怠ったりしていまいます。

でも、ママ起業、プチ起業全盛(?)で、
副業、ダブルワークをしている人も多いこの時代、

まずは、「どんな人がどんなことをしているのか?」

それに自分の持っているものをプラスしたら何ができそうか?

ということを考えてみてはどうかと思います。

そして現代人の私たちは、
「街に出て観察」するのではなく(笑)
おうちからネットで調べられます。

まずは、こちらのサイトから。

Power Woman 

『影響力がある』『信頼できる』『身近な存在』な女性たち
女性を支援するための活動をされている方、
より前向きに人生をenjoyされている女性たちを
PowerWomenと呼んでいるのだそうです。

カテゴリー別に分かれているので
自分の関心のあるところから見ていきやすいですね。

こちらの「起業ストーリー」
参考になることがいろいろあるかも。

 

そして、こちらのサイト。

ジェネリーノ

いろんな方の肩書だけ見ているだけでも面白いですね。

日本おひるねアート協会

開運ソムリエ

ウーマンライフクリエイター

絵本de手相セラピスト などなど・・・

「自分のやりたいことはどれに近い?」

という視点で見ていると、

「これは全然違う」とか

「ちょっとピンときた」

「自分の経験、好きなことを仕事にするには

もしかしたらこんな方法もあるかもしれない」など

発見があるかもしれません。

ぜひぜひ見てみてくださいね♪

引用元ブログ

ピックアップ記事

関連記事一覧