• HOME
  • 飯沼ミチエ プロフィール

飯沼ミチエ プロフィール

海外駐在妻のモヤモヤを解消して未来の設計図を描く、駐在妻キャリアサポートコーチ、飯沼ミチエです。

ブログでは、駐在妻のキャリア、そして元気UPと笑顔の秘訣について書いています。

商社勤めの夫、子ども 2 人(長女 12 才、長男 6才)の 4 人暮らし。

駐在妻ならではの悩みや不安を解消して、どこにいても自分らしいライフスタイルが確立できるようになるためのオンラインコーチングセッションをしています。また、渡航前、帰国後の方向けセッションも行っております。

私自身、夫の転勤に伴い、駐在妻として海外でトータル 5 年半暮らしました(北京 6 カ月、上海2年、シンガポール3年)。
結婚前は交換留学に関する仕事をしていたため、海外暮らしには抵抗なかったものの、子育てしながらの駐妻生活は、やはり思った以上に大変でした。
そして、現地で知り合った、華やかに見えたり、楽しそうに見えた駐在妻のみなさまも、じつは様々な苦労や悩みをお持ちだと感じました。

しかし、私にとっての本当の試練は、2013年に帰国してからでした。
次にいつ海外転勤があるかわからない状況の中で、自分がこれからどんな働き方、そして生き方をしていきたいのか迷いに迷い、悩みに悩み、日々モヤモヤ、イライラ。そんな時期が半年以上続きました。
「私の人生、夫についていくだけなの?子どものお世話だけで終わっちゃうの?子育てと転勤が終わったときには、もう仕事するなんて無理じゃないの?」

そんな思いを抱いて、みじめに感じていました。

そんなとき、コーチという仕事に出会いました。

40 歳からのスタートでしたが、コーチングの手法を知ると、常に「未来」を見据えて考えるクセができます。そのおかげで、どんどんモヤがはれ、本来の前向きさを取り戻しました。
今は、「世界のどこでも、100%自分らしく」いられる自信があります。

同じ経験をした、元駐在妻の私だからこそ、あなたの気持ちに寄り添って、モヤモヤがすっきりと晴れわたり、前に向かって歩き出せるよう全力でサポートいたします!

駐在家族をサポートすることへの思い(ブログ記事)
駐妻って、最悪の場合死にたくなるほど複雑な立場です

Facebookも友達申請大歓迎♪
女性の方はメッセージなしで承認しています。

ビジョン

海外赴任というものが、駐在員本人のみならず、家族全員にとって、
自分の可能性と視野を広げ、社会に貢献できるように成長する素晴らしいチャンスとなっている

 

ミッション

◆駐在妻がキャリアのブランクを心配せずに様々な選択肢を持ち、豊かな人生を過ごせる支援する
◆企業が、人材の宝庫である駐在妻の知力を、最大限発揮できるようにする

 

 

=略歴=

1990年 高校1年生で、10か月間アメリカ交換留学
1997年 国際基督教大学(ICU)卒業後、民間国際交流団体にて4年間、高校生から社会人までの留学コーディネートに携わり、アメリカ各地とヨーロッパ合わせて10か所以上訪問
2002年 結婚、夫の海外研修に伴い北京に6か月間滞在
2005年 長女出産
2008年 夫の転勤に伴い上海に2年、シンガポールに3年間滞在
2011年 シンガポールで長男出産
2015年 銀座コーチングスクール認定コーチ
2017年10月 日経新聞の記事にコメントとデータ掲載
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO21974100W7A001C1TY5000?channel=DF130120166018
2017年12月 大田区ビジネスプランコンテスト入賞
2018年  1月 メールマガジンの読者数、32か国、550名以上
2018年  2月 駐在妻ポータルサイト「駐妻café」オープン