インド・グルガオンの生活情報

グルガオン

情報収集の方法は?

日本語フリーペーパー

名称口コミ情報
Chalo(月刊フリー情報誌)北インドと南インド版があり、新しくできたお店の紹介や、イベント情報、セール情報や会社関係の紹介等を月刊で発行されています。
ただし、毎月すべての内容が変わるとは限らず、同じ情報ばかり掲載されているページもあります。
シバンス 
生活の手引き インドで生活するにおいて必要な情報(安全面、医療、教育、娯楽、出産、買い出しなど)が詳しく紹介されています。デリー日本人会が監修しています。印サポ主催の月1回のコーヒーモーニングで配布されます。
インド生活買物ガイド食品、日用品などのおすすめが、売っている場所とともに紹介されています。日本人会ボランティアグループが監修をしています。毎年5月頃に開催される「スタートアップ講座」で配布されます。
フリーペーパーは、日系スーパー(大和屋)、日系オーガニック野菜屋さん(Kotadun farms,Tomato project)、パン屋さん(Iroha)、日本食レストランなどに置かれています。
フリーマガジンは、日本食レストランを中心に、日本人がよく利用するお店や大浴場や整体・鍼が受けられるダイヤパークホテルなどに常に設置されています。
企業情報や企業広告が多めではありますが、日本食レストランの他に日本人テイストに合うレストランの紹介やスパ、インドならではのアーユルヴェーダサロンの割引クーポン、雑貨店の紹介、ヨガやアーユルヴェーダスクールの紹介、サークル情報等が記載されています。

おすすめウェブサイト・ブログ

1.ウェブサイト 2.ブログ

 名称口コミ情報
2インドで片言日本人(本帰国されています。)グルガオン在住の駐在妻さんが面白おかしく日々の生活やイベントやお店の情報などを更新しています。
1あちゃなびインドに住む日本人向け掲示板&生活情報サイトです。主にデリー、グルガオンの情報が掲載されています。
1海外生活ブログ村 インド情報インドで生活されている(したことのある)ブロガーさんのブログ一覧を見ることができます。
1JANNAインドの生活情報サイトです。

その他

・LINEグループ(紹介制)

主に帰任の決定した方が物品を売りに出されたり、メイドさんの募集、紹介、お店の告知、イベント情報などが投稿されています。物品の売り情報に関しては、赤ちゃんグッズや家電製品などは数分で完売してしまうことがしばしばあります。
S2さん
現在グルガオン、ニューデリー付近に駐在中の奥様方、駐在員本人を中心に500人近くが参加するグループです。紹介制のため、加入するには現在駐在中の方に紹介をお願いする必要があります。
私個人の主観ではありますが、ブログ情報などはあまり参考にはしませんでした。クチコミから生の情報を得る方が有意義な情報が入りやすいです。

・口コミ

Yさん
友達の友達など、何でも聞くようにしています。フリーペーパーでは収集できない情報ばかりです。

生活に必要な語学力は?

S1さん
日常会話程度の英会話ができれば十分です。
流ちょうに英語が話せなくても、ドライバーやメイドなど、特定の人としか会話しない場合は、ある程度伝えることも決まってくるので問題ありません。
Yさん
英語は、ドライバーのいる生活をしていること、サービスアパートメントに住んでいるということ、また、頼るべき夫が多忙のため、家の修理や掃除の人、ドライバーやメイドとほぼ毎日やり取りします。特にうちは、娘がインターの幼稚園に通っているので、毎日先生とのやり取りがあります。同じクラスのお母さんたちや学校とのやり取りでも英語を使います。
S2さん
専属ドライバー、サービススタッフ・メイドと日常会話レベルの英語は必要だと思います。完璧な英語は必要ありません。単語の羅列ができれば充分だと思います。ただし、物をオーダーしたり、店員さんに質問することが多いので、英語が話せるに越したことはありません。
ヒンディー語は全く話せません。簡単な表現だけでも話せると、相手の対応が変わることがあります。ヒンディー語しか話さないインド人もいるので、ヒンディー語を話せると役立つことが多いと思います。
Hさん
日常生活においては英語が話せれば充分です。話す相手は、大型スーパーやショップの店員、ドライバー、修理業者、マンションのセキュリティなどですが、完璧な英語でなくても単語やジェスチャーで通じます。ただ、ローカルのお店の店員や、自宅に来る修理業者で、たまに英語が全く話せないインド人もいます。
私はヒンディー語を習っているので、簡単なヒンディー語の単語を使って助かったことがあります。日常生活する上では英語で充分ですが、インドにいる以上ヒンディー語を話すことができたら、インド人との親しみやすさが増しますし、対応が違ってくることもあり、役に立つ側面があると思います。

飲料水って、どうしてる?

S1さん
ウォーターサーバーの水を飲んでいます。
外出時は、Kinley、Catchなどのミネラルウォーターを購入しています。
Yさん
飲料水はウォーターサーバー、料理は浄水器を使い、外ではミネラルウォーターを買います。
S2さん
飲料に関しては「packaged drink water」と記載されている「kinley」「aquq fina」などを飲んでいます。そのまま飲用可能です。また、息子(生後3か月)の調乳などにも「kinley」を沸騰させて使用しています。「himalayan」などのミネラルウォーターは高価なので、滅多に飲用しません。 ウォーターサーバーを設置し、主に歯磨き、炊飯や料理などの火を通すものに使用しています。 浄水器の水は、主に息子の食器類を洗浄したり、沸かして洗顔したり、手洗いや野菜の洗浄に使用したりしています。
Hさん
飲料水、料理用(炊飯、煮物など)の水はKinleyを常用しています。消費が多いので、12本入りの1ダースをまとめて5~6個買って毎日使用しています。ウォーターサーバーは交換するタンクの汚れや衛生面が気になっているので使用していません。
浄水器の水は、食器や野菜を洗うときや、手洗い、歯磨き、洗顔に使用しています。

治安は?

S1さん
夜間の外出は極力控えています。
ATMは敷地内やモール内のところのみ使用しています。銀行、郵便局などは夫に行ってもらいます。
移動手段は車のみです。リキシャや電車は乗りません。
Yさん
昼間でも肌の露出は控え、あまりローカルすぎる所には行かないようにしています。夜は基本出歩きません。
S2さん
昼間は人通りが多いので、裏路地やローカルな場所へ行かない限りは危ない目に遭うことは少ないと思います。ただ、女性蔑視が根強いということを決して忘れずにしてください。
夜間、夫が同伴でない場合は19時以降出歩くことはありません。野犬が活動するため、狂犬病のリスクがあります。
また、宗教上の理由によりミニスカートを着用することが好ましくないため、外国人である私たちもミニスカートの着用は避けた方が無難だと思います。
Hさん
昼の外出は、人通りの少ない路地や危ない地域を除いて、ショッピングモール・マーケットなどはほとんど危険はないと思います。ただ、日本人は目立つのでどこへ行っても最低限のことは気を付けるようにしています。(肌の露出を控える、ぼーっと歩かない、バッグのチャックを閉める、など。)
夜の外出は、1人で出かけることはほとんどなく、休日に夫や友人と出かけるくらいです。

日々の買い物は、どんなところでしている?

1.日系 2.ローカル 3.ネットスーパー 4.その他

 名称口コミ情報
1irohairohaは日本人男性経営のパン屋さんです。店舗内にお刺身を売っている魚屋(sashimi fresh!)、野菜屋(Kotadun farms)があります。食パンは大人気で店頭に並んだ瞬間売り切れることがあります。パンの種類が豊富で、開店と同時に行くと出来立てが食べられることがあります。土日にはクレープなどのお菓子を見かけます。
1Kotadun farmsiroha内にある、野菜や野菜を使用したお惣菜の販売スペースです。ヒマラヤ近くで作っている野菜です。インド人男性と結婚している日本人女性が経営されています。時期にもよりますが、大きなキャベツや甘いトマトが入荷されます。
1sashimi fresh!irohaの店舗内にあります。お刺身や魚介類を使った冷凍食品、お弁当を販売しています。LINE登録をすると、お刺身の入荷状況や種類、お弁当のラインナップが通知されます。
1大和屋yamatoyaデリーとグルガオンに1店舗ずつあります。冷凍のお肉やたこ焼き、たい焼き、焼き鳥などが購入できます。
ウェブサイトには、日本のお菓子やドリンクがたくさん掲載されていますが、すぐに売り切れてしまうのか入荷していないのか見かけたことは一度もありません。こんにゃく、糸こんにゃくはよく見かけます。
1 & 3トマトプロジェクト日本人女性が経営している八百屋さんです。ネットでの注文や配達をしてくれます。人気商品などは12時の開店と同時に売り切れていることもしばしばです。
1 & 3 Hasora日本人女性が経営している八百屋さんです。新鮮で安全、美味しい野菜が売られています。メガモールのKim’sマートで購入することができます。デリバリーもできます。
2south point mall駐在員家族が多く住んでいるエリアにあるショッピングモールです。日常の買い物はもちろん、韓国人経営のパン屋、食料品雑貨店も人気です。韓国系のスーパーやオーガニック野菜専門店が入っています。飲料系、野菜、卵、お豆腐、お菓子類等を購入できます。また、ひまわりファミリークリニックやKUMON、日本の塾も入っています。
2Galleria Market

ショッピングモールです。Le March、郵便局、文房具屋、電気屋、アイスクリーム屋、薬局、酒屋、カフェなどが入っています。外では、犬がいたるところで寝ていたり、歩き回ったりしているので注意が必要です。

2SPARヨーロッパ資本のスーパーです。紙おむつの種類が豊富です。肉類が豊富で、安く購入することができます。
2 Spencers品揃えが豊富な少し高級なスーパーです。日用品はここでほとんど揃います。ベーカリーが人気で、チーズケーキやクッキーは日本人の口にも合います。
3Amazon重たいジュースなどを注文しています。
4路面の市場・果物屋さん野菜、牛乳、卵、果物、お菓子類を購入できます。
Yさん
美味しいパン屋さんがないため、ほぼ毎日、日本から持ってきた強力粉を使い、ホームベーカリーでパンを焼いています。
Hさん
Galleria Marketでのおすすめカフェは、Blue Tokai、Naturals、L’operaです。

もしも病気になったら・・・?

日本語が通じる病院

・ひまわりファミリークリニック

S2さん
サウスポイントモール内とアバロンコートヤードの日本人会の中にあります。日本人通訳の方が常駐しています。医師はインド人です。
特定の科に特化したわけではないので、一次通院として使用することになると思います。薬の処方はありますが、入院設備はありません。LINEで診察予約をすることができます。

日本語は通じないが、日本人がよく利用する病院

FORTIS MEMORIAL RESEARCH INSTITUTE

Yさん
病院は、会社でWellbe加入のため、日本語通訳が付いて来ます。
S2さん
とても大きな総合病院です。インドで出産をされた日本人は、ほとんどがこちらで出産されています。日本人女性医師が常駐しているとのことです。予約や通訳の手配は夫の会社にて「well be」に加入しているため付与されていますが、急いでいる時などは直接自分で予約をして、病院へ出向きます

初心者におすすめのアプリ

1.交通系 2.デリバリー系 3.その他

 名称口コミ情報
1Zomatoレストラン検索やレビューを見ることができます。デリバリー機能もついています。
3Uberタクシーの配車アプリです。あらかじめ、アプリに目的地を入力するので便利です。
ドライバーの中には、現地言語しか話さない方もいるのが難点です。また、過去に利用者が事件に巻き込まれたことがあるので、利用時は警戒と注意が必要です。

日本から持って行った方が良いと思うものベスト3

S1さん
1.洗濯槽クリーナー
2.プラスチック系の収納用品。
3.アリの巣コロリ
Yさん
1.米 2.味噌 3.醤油
S2さん
1.包丁 2.除菌ウエットティッシュ 3.布団類
S2さん
包丁は、デリーまで行けばKAI(貝印)や無印良品があるので購入することができますが、高いので持参することをおすすめします。12月〜1月は暖房を入れなければ寒いので、薄手の布団を持ってきたほうが安心して眠れます。
Hさん
1.蚊よけグッズ:デングは対処療法しかないので蚊よけが必要です。
2.マスク、のどの殺菌、消毒用の薬:大気汚染がひどいので必須だと思います。
3.暖房用具:出番は2カ月位ですが、家の床が大理石で夏仕様のため冬は寒いです。電気カーペット、こたつ、湯たんぽなどがあったほうがよいと思います。

現地品で代替できるのもの

S2さん
①紙おむつ:インドでは紙おむつは必需品と思われていない為日本で購入するより高額ですが、パンパースpremiumを使用している方が私含め多いです。

②食器洗いスポンジ:日本の物よりこぶりですがスコッチブライトが購入可能

③ ハンドソープ :各種品揃えは豊富ですが泡で出てくるものはありません。

④掃除機:AmazonindiaにてPanasonicのものを購入

⑤お鍋類:ワンダーシェフシリーズは種類も豊富。スーパーやhome centreにて購入可能

Hさん
人により好みはありますが基本的に日用品類、家電、家具はインドで購入可能です。

「出発前にこんなことをしておけばよかった」と思うことは?

Hさん
日本人が経営しているサロンはありますが、自分好みの美容院を探すのが難しいので、美容院は行っておいた方がいいと思います。

中古品を購入できる店舗、ウェブサイト、コミュニティ

S1さん
日本人の本帰国時のガレージセール
・日本人会ボランティアグループの、年に一回のチャリティーメラに、不要になったもの等を寄付できます。
Yさん
日本人が作った、ライングループで売買ができます。あと帰国前にガレージセールされる方も多いです。特に電化製品に関しては、インド人の廃品回収業者(通称ガバリ)のおじさんを呼んで、オークションにかけて売ると、高く売れるそうです。
S2さん
駐在員の奥様が作ったグルガオン・デリー近郊に在住している方が参加しているLINEグループによく売買の情報が掲載されています。 また、時々ガバリオークションの話も聞きます。
Hさん
FacebookのGurgaon Expat Communityというグループで中古品の情報がたまに投稿されます。帰国される方が開催するガレッジセールでも中古品が購入できます。

主な交通手段や、気をつけること

運転席の後部座席に座ること、シートベルト着用、ドライバーがながら運転していないか、周りにおかしな運転をしている車がないか注意しています。
Yさん
特には気をつけてはいません。ただ、男尊女卑のイメージがあり、ドライバーは男性なので、言葉遣いなどは丁寧な言葉を使い、ありがとうは言うようにしています。
ドライバー付き自家用車がほとんどです。特別なトラブルがあった際には近距離ならばオートリクシャー。夫といる場合ならばUBER。
S2さん
子どもを抱っこ紐で抱えて乗車するため子どもに細心の注意を払っています。急ブレーキも珍しくなく、道も舗装されておらずデコボコのため、頭をぶつけさせたりしないよう手で押さえたり揺れるときは抱きしめて固定させます。また妊娠中はデコボコ道が揺れてお腹が心配になりました。
Hさん
日常生活は基本的に車で運転はドライバーです。シートベルトは必ず着用しています。でこぼこ道が多く酔いやすい体質のため酔い止めをいつも持参しています。車内でも、車載用空気清浄機、蚊よけグッズは常備しています。
インドの交通事情は読みにくく渋滞がよくあります。2km先の場所に行くのに3、40分かかることも少なくありません。道路工事、大雨、VIP来訪による交通規制など理由は様々ですが、混みそうな道を通る場合は時間に余裕をもって移動するようにしています。

その他日常生活の移動で注意点

S1さん
通ったことのないような入り組んだ道には行きません。
初めて行く場所は、マップをドライバーに送っていても、自分もナビを開いておくようにしています。(道を間違う可能性大なので)
S2さん
特別な事情がある際にオートリクシャー等使用することがあるかと思います。メーター付きであっても「使えない」と言われることが多く、外国人の場合はかなり高めになりがち。トラブル防止の観点から料金は乗車前に交渉して決めておくこと。また、乗車中は真横を小回りの効くバイクがバンバンすり抜けてゆくので財布や高額な日本用のスマホ等は手に持っておかないのが無難です。
 
 

インド・グルガオンのここが好き♪

S さん
めざましい成長!
S2さん
とにかく子どもに優しい。子連れで嫌な顔をされたことが一度も無いどころか空港等では優遇されたり、飲食店でもスタッフさんが代わる代わるやってきては抱っこしたりしてくれます。 インドは何よりも家族を大切にする国なのでその姿勢には常に学ばされます。
Hさん
インドならではの刺激的な生活!
ヨガ、インド料理、ボリウッドダンス、ボリウッド映画は日常で触れることができますし、新しいお店やレストラン、インフラの整備など、生活しながらグルガオンの発展を日々肌で感じることができます!!
 
 

Enjoy your life in Gurugram!

aiko

11,104 views

東京でバリキャリ後に上海・シンガポールへの夫の海外赴任へ同行。4歳の育児の傍ら、シンガポールでワーキングマザーのコミュニティ運営ボランティア活動や、ローカル...

プロフィール

Pick Up記事