暗くて寒い冬を乗り切る!ヨーロッパの冬季性うつ病対策

フランス

ヨーロッパの冬は辛い?

運営メンバーK
ベルギー在住の方から、冬季性うつ病対策についての情報が届いています!ヨーロッパでの生活って華やかなイメージがあったのですが、意外とこういった苦労もあるのでしょうか。
運営メンバーG
そうそう、ロシアも寒くて暗くて、太陽はもう何週間も見てないなんてときもありますよ。買い物に出かけるのも億劫になっちゃう!
運営メンバーP
ヨーロッパの季節性うつになる方は結構いるみたいですよ。駐在員だけでなく、永住者の方でも何人かそのようなお話を聞いたことがあります。

ヨーロッパにお住まいの皆さん、「ヨーロッパの冬って本当につらい!」とお悩みではありませんか?
ヨーロッパは日本と比べて緯度が高いため、冬期は日照時間がとても短くなります。地域によっては朝9時にやっと明るくなって、夕方16時にはもう真っ暗なんてことも。やっと明るくなったと思っても、どんよりした曇り空。「毎日これでは気が滅入っちゃう」という方も少なくないのではないでしょうか。
今日は、ヨーロッパ在住の方にはぜひ知っておいて欲しい、冬季性うつとその対策について、駐妻カフェ運営メンバーと情報をくださった方からの口コミ情報をご紹介します。

<駐妻カフェ運営メンバー紹介>
・運営メンバーG(げんだちょふ)
ロシア在住。初めてのロシアの冬にくじけそうになっている。
・運営メンバーK(かおり)
インド在住。ベルギーの方から冬季性うつの情報を受けて驚いている。
・運営メンバーP(プリッツ)
過去にフランスに滞在。当時、冬のつらさに悩まされた経験あり。

冬季性うつ病対策 〜フランスでの体験談〜

運営メンバーG
皆さん、なかなか苦労されているんですね。冬を乗り切るために、何か気をつけるポイントはあるのでしょうか?
運営メンバーP
では私のフランスでの体験をまずご紹介しましょう。

思い返せば、在仏中の冬は空も街全体のトーンもグレーがかってくる感じで、朝はなかなか起きれないし、けっこう気分が鬱々としていました。「ヨーロッパの冬は日光不足=ビタミン不足」という認識はありましたが、帰国してから「季節性うつ」について知り、「なんだ、自分はそれだったのかも」と、もやが晴れた気がしました。在仏中に冬季うつのことを知っていたら、少しはやりようがあったかも……と思っています。

まずは、「季節性うつになることがある」ということを知っておくことが大切です。特に、春~夏の時期に赴任した場合は、駐在生活に慣れてきたころのメンタル的な落ち込みが出てきやすい時期と、冬へ向かう時期が重なりやすいんです。仮にそういう状態にになったとしても、「そいういう時期なのかも」と、受け止められると気持ちが楽になるかもしれませんし、対応もしやすくなります。「我慢すればいい」と思わずに、必要に応じて医療機関を受診するなど、手助けを求めることも有効です。また、そもそもこれは気候による問題なので、場合によっては根本解決のために日本に帰国が必要となるケースもあります。

一方、旅行のしやすいヨーロッパなので、秋~冬は日光浴がてら気候のいい国や地域への旅行もおすすめです。小さなお子さんがいても、幼稚園や小学校のお休みが多い(秋休み、クリスマス、スキー休み、イースター)ので、いろいろと計画するのもいいですね。

運営メンバーG
悩んでいるのは私だけじゃないんですね。何だかスッキリした気持ちになりました!

冬季性うつ病対策 〜ベルギーの場合〜

運営メンバーK
ベルギー在住のLさんからは冬季性うつ病対策についての具体的な情報が届いていますよ!不調を感じる前も感じてからも、役立つ情報です。
Lさん
ベルギーの生活では、ビタミンDを摂取することが大切です。

ベルギーは一年を通して空は濃い灰色で、8月でも薄手のダウンジャケットを着て過ごすほどの寒さです。暴風雨の中、子供の送り迎えや、朝市への買い出しなどをしなければならず、なかなか大変な生活です。赤ちゃんから大人まで、ビタミンDを飲んでいます。

ベルギー うつ病の薬

ベルギーでは臨床心理士の川瀬まりさんという方が相談室を開かれているようです。川瀬さんがベルギー情報サイト青い鳥に寄稿した記事のなかで、冬季性うつ病の一般的な予防策や光療法についての情報を読むことができます。

ベルギーの冬季うつ NO.2(うつ病の一般的な予防策)
ベルギーの冬季うつ NO.3(光療法)

運営メンバーG
ベルギーは天気が悪いっていうイメージはなかったけど、8月でもダウンジャケットだなんて!
運営メンバーP
ベルギー在住経験者でパリに駐在していた方は「パリの方がまだ明るい」とおっしゃっていました。もっと緯度の高い場所や雪の多いところは、本当に厳しいのではないかと思います。

おまけ 〜それでも南向きがいいですか?パリの住宅事情〜

運営メンバーP
日本の住居選びでは住宅が南向きかどうかはとっても大切なポイントですが、パリで南向きの家を探すのは至難の技ですよ!

ここで在仏中に知った建物の構造の話をしましょう。私の場合、身を持って知るのはパリ&近郊のみですが、「日本のように南向きにこだわっていたら引越し先は見つからない」と渡航前に言われていました。アドバイスしてくれた友人曰く、「フランス人はそんなこと気にしてない」だそうです。

もともと一年の半分(か、それ以上)は陽当たりを優先したところで意味のない環境。そして都市部は土地の広さが限られるので、北向きの家はゴロゴロと存在していました。(そして南向きの家は、逆に夏は明るすぎて寝れないことも笑)。ヨーロッパはそういう所が少なくないようです。

運営メンバーG
確かに緯度が高い分、夏は日照時間が長くなって、朝4時なのに明るくて目が覚めるなんてこともあったなぁ。夏の日光を冬まで保管して、ちょっとずつ消費できればいいのに!

皆さんがお住いの国では?

ヨーロッパにお住いの皆さま、冬はどのように過ごされていますか?
駐妻カフェは世界各地に住む多くの駐在妻からの情報でつくられています。
みなさまの「
ヨーロッパの冬に負けない過ごし方」を駐妻カフェでシェアしてみませんか?
ぜひ情報提供ページよりご連絡ください。駐妻カフェ運営メンバーより詳細をご連絡させていただきます。

おすすめ記事10選より紹介

関連記事一覧