海外で妊娠、里帰り出産をしました【インドネシア・ジャカルタ】

妊娠・出産(子育て体験談)

日本に一時帰国する前に、日本側で準備したことは何ですか?

第一子の時は、病院情報すらなかったので、家族にお願いして、病院を探してもらうことから始まりました。
ジャカルタに来る前は東京にいましたが、里帰り先は長野だったので、家族に協力してもらいました。

第ニ子の時は、上の子の預け先を探しました。(保育園)

 

海外で(実家の親やメイドなど)お手伝いをお願いしましたか?その時の準備などについて、教えてください。

日本からのお手伝いなし。

インドネシアでは、インドネシア人のメイド兼ベビーシッターがいます。
出産前から雇っていたメイドさんが、とても信頼できる人だったので、ベビーシッターも兼務してもらうように交渉しました。

第二子の時、ジャカルタでは、ベビーシッターをお願いするのは、よくあることなので、メイドの他に専属のベビーシッターを雇おうとしましたが、今のメイドがそれを嫌がりました。

こちらとしては、上の子もいるので、専属のベビーシッターと思っていましたが、思惑が外れてしまい、インドネシア帰国後、生活が軌道に乗るまでは大変でした。

 

お手伝いをお願いしてよかったこと、困ったことについて教えて下さい。

メイド兼ベビーシッターの存在はありがたく、上の子が病気の時に、下の子を見てもらったり、食事の準備中に子供をあやしてもらったり、彼女なくしては、インドネシアでの子育ては難しいと感じています。

 

里帰りしてよかったことはなんですか?

第一子の時は、初めての妊娠、出産だったので、言葉の通じる日本で出産できたことは何より心強かったです。
また、育児のことも色々と情報があって良かったです。
久しぶりに日本に滞在できたので、それもまた親孝行にもなったと思います。

第ニ子の時は、それまでジャカルタで生活していた娘が日本で過ごすことができ、日本の保育園にも通えたので、それが一番良かったと思います。

また、第一子も第ニ子も、出産後、「黄疸」が出てしまい、それぞれ退院が伸びたり、その後の治療が必要でした。そういったトラブルがあっても、日本の病院だったので、適切に対応していただけたと思っています。

 

里帰りして困ったことはなんですか?

第一子の時は、主人が育児に慣れてもらうまで時間がかかりました。
また、日本で過ごす時間が長かった分、ジャカルタに戻るのが不安になりました。

戻ってからは、予防注射のタイミングがずれてしまって、それを修正するのに少し苦労しました。

第ニ子の時は、上の子と主人が離れて暮らす時間が長くて、寂しい思いをさせてしまいました。
また、日本の保育園が大好きになってしまい、ジャカルタに戻った後、それまで通っていた幼稚園にいくのを嫌がりました。

ジャカルタでの幼稚園がインターで英語ということもあり、日本での英語のキープができなかったことが原因かもしれません。

 

上のお子さんがジャカルタの幼稚園に以前のように通えるようになるにはどれくらいかかりましたか? その間何か工夫はされましたか?

ジャカルタに戻った翌日から幼稚園に戻りました。

帰国前に、学校にジャカルタに戻る予定を伝え、出産後も、先生とメールでやりとりしました。
また、同じ幼稚園に通っているママ友にお願いして、先生に直接伝えてもらうように、協力していただきました。

 

もしまた出産するとしたら里帰りしますか?

インドネシアの医療レベルの面から、日本での出産を選びます。

 

海外での妊婦健診は日本より高いと聞きますが、いかがでしたか?

インドネシアでは、全額自費です。ただし、会社によっては補助が出る場合もあると思います。

 

妊娠・出産・産後を通じて、必要なものはどのように揃えましたか?日本で調達したほうがいいものはありましたか?

粉ミルクと離乳食は、ジャカルタでも手に入りますが、海外製品なので、日本製を望むのであれば、持ち込む必要があります。

日本語の絵本、前開きロンパース(首すわり前に着る)→ジャカルタではあまり売っていません。

 

住んでいる国ならではの習慣や困った経験はありますか?どのように対処されましたか? 

特になし

 

妊娠から子育て期間を通じて、なかなか相談できる場所もなく困った件などありましたか?もしあった場合、どのように解決または対処されましたか?

特になし

 

これから妊婦検診〜出産を迎える方にメッセージをお願いします

ジャカルタには、マザーズクラブという子育てのボランティアグループがあります。
そちらでは、妊娠出産を迎える方のための交流会を定期的に行っています。
そこに参加すると、「インドネシアでの妊娠出産」に関する最新の情報が得られますので、参加をお勧めします。
詳しくは、ジャカルタマザーズクラブのHPから見ることができます。

 

出産場所に関してですが、近年、ジャカルタで出産する方が増えてはいます。
しかし、インドネシアの医療レベルはまだまだ発展途上であります。出産には、トラブルがつきものです。

それは、日本にいても、ジャカルタでも同じだとは思いますし、いろいろな事情があるとは思いますが、万が一の時に、後悔しない選択をするべきだと思います。

一方、子育てはとてもしやすい環境だと思います。年中暖かいですし、インドネシア人は子供に優しいですし、ベビーシッターなどを雇うこともできます。

 

※体験談はあくまでも個人的なものであり、内容はすべて個人の体験・感想・意見であることをご了承ください

 

Pick Up記事

関連記事一覧