【帰国後インタビュー vol.1】あえて「日本人の輪」から一歩踏み出し続け、帰国後キャリアの転身へ――

キャリア

「能力よりも年齢で区切られるのが日本社会」
希望する仕事に就くことは想像以上に難しかった

 

中国から帰国される前、帰国後の仕事についてどのように考えていましたか?

海外生活がとても長くなる中で、帰国後の仕事のことはずっと心配でしたね。帰国時点では50歳を過ぎていたので、「きっと派遣くらいしか仕事はないだろうな」と思っていました。

 

どのようなタイミングで、再就職活動をスタートされたのですか?

2016年8月に中国から帰国して、引越が落ち着いた2カ月後くらいから就職活動をはじめました。まずは派遣会社に片っ端からあたり、全部で15社くらいに登録しました。

 

派遣会社に登録してみて、どうでしたか? 再就職にあたって難しかったことなどはありましたか?

派遣でも、仕事を見つけるのはとても難しかったですね。どの会社でもまず年齢のことを言われ、親身になって話を聞いてくれるところはほとんどありませんでした。「何でもよければ紹介しますよ」と言われましたが、何でもいいわけではないですよね(笑)。事務職で、さらに長く働きたいと思って紹介予定派遣で正社員になることも希望していましたが、返ってきたのは「年齢的に難しい」という回答ばかり。再就職って本当に難しいなと感じました。

 

派遣会社から「年齢的に難しい」と言われ、どのように感じましたか? その後どうしたのですか?

アメリカでは、就職にあたって年齢が問われることなど全くありませんでしたので、本当にアメリカに戻りたくなりました。でも、残念ですが「仕事のできる・できないに関係なく、まず年齢で区切られてしまうところが、いまの日本社会の実情なんだ」と受け入れるしかないですよね。その後は、なんとか派遣で人事の仕事が見つかりましたが、将来的に正社員になる道がなく、日本の人事については詳しい知識や経験もなく不利だと感じました。このまま続けていくのは正直難しいかなと感じながら働く時期が、1年ほど続きましたね。


バハマのアトランティスホテル

 

マイナスイメージだった保険の営業に転身。
思いきって挑戦してよかった!

 

現在の仕事には、どのような経緯で就かれたのですか?

派遣で働いていた期間に、たまたま新聞で見たファイナンシャル・プランナー(FP)の記事が目にとまったんです。主人から「勉強してみたら?」と背中を押されたこともあって、学校を探して通い、まずFPの3級の資格を取り、そのまま2級まで取得しました。実は帰国後に、以前から契約者として加入していた保険会社の営業の方から、「一緒に働きませんか?」と何度か声を掛けてもらっていたんです。でも、そのときは「保険の営業が自分にできるのかな」「保険の外交員かぁ」という不安やマイナスのイメージが強くて、お誘いには答えていませんでした。

ファイナンシャル・プランナーの資格の勉強をしている間、誘われた仕事のことは頭にあったのですか?

頭の片隅にはありましたが、そのために勉強していたわけではありませんでした。2級に合格して少し知識もつき、自然と学んだことを生かしてみたいという気持ちになって、今度は自分から「働いてみたい」と声を掛けてみたところ、トントンと話が進んで働くことが決まったんです。派遣の仕事に比べて、フルタイムで雇用の期限がなく、福利厚生が充実していたことも、一歩踏み出す大きなポイントになりました。

 

コツコツ努力をされながら、ご自身の自然な気持ちの流れとよい人の縁がつながって今の仕事にたどり着かれたのですね。実際に就職活動をする中で、海外生活経験から得られた、どのような点が評価されたと感じていますか?

ものごとをはきはき言うところでしょうか。もともとはっきりした性格ではなかったと思いますが、海外生活を経て自分の考えをはっきり言えるようになりましたね。日本での生活にはよくないのかもしれませんが(笑)。海外生活の中で色々な人に接し、さまざまな場面を経験するなかで適応力がついたことも、評価された点かもしれません。

 

現在のお仕事はどのような内容ですか?

私の仕事は、保険の営業といっても、いきなり家に訪問して保険を販売するようなものではなくて、既存のお客様に対するフォローがメインで、社内の事務的な仕事も多くあります。私がそれまで考えていたいわゆる「保険の外交員」のイメージとは大きく違うもので、「何ごとも実際やってみないと分からないものだな」と実感しています。

 

新たなキャリアをスタートしてみて、今どのような心境ですか?

あのまま派遣を続けず、思いきって現在の仕事に挑戦してみてよかったと思っています。まだ入社して3か月ほどで、今は仕事に必要な資格取得のための勉強の毎日ですが、学んだことが日常生活にも役立ちますし、派遣のように雇用の期限がなく、年齢にかかわらず活躍できる職場であるところや、営業の経験がなくてもしっかり教えてくれる人がいる点はとても気に入っています。

 

視点を変えて視野を広げると、チャンスや可能性が広がる。
今いる場所から一歩踏み出す勇気を

 

海外滞在中にやっておいてよかったと思うこと、やっておけばよかったと思うことは何ですか?

英語や中国語が習得できたことはもちろんよかったのですが、何よりも、「日本人の輪の中にずっといなくてよかった」と思っています。日本人同士だと、言葉も分かるし考え方も似ていて居心地よく感じるところもありますが、私の場合、あえてそこから一歩踏み出して、ローカルの方とのコミュニケーションを積極的にとったことで、現地の友達ができ、言葉を覚え、日本人とは違うものの見方や考え方があることに気づくことができました。この経験が、その後の自分自身の視野や考え方の幅を広げることにもつながっているのかなと思います。

 

最後に、海外生活中、および帰国後に「働きたい」と思っている駐在妻、元駐在妻へのアドバイスがありましたら、ぜひおねがいします。

海外から帰ってきてから仕事を探すのは大変だとよく聞きますが、少し視野を広げたり、視点を変えて仕事を探してみると、実は意外なチャンスや可能性が広がることもあると思います。私自身も、アメリカや中国にいたときは、まさか自分が現在の仕事に就くとは思ってもいませんでしたが(笑)、正社員の事務職に固執せずに視点を変えられたことが、結果的に新しいチャンスを得て、自分の可能性を広げることにつながったように感じています。今いる場所から一歩踏み出す勇気をもち、視点を変えて柔軟に行動することで、ぜひ前向きに未来のキャリアを築いていただきたいです!


イグアスの滝(アルゼンチンとブラジルの両方へ観光)

 

【武山さんの経歴紹介】

帯同前は、海外との貿易に関わる事務やフォワーダーなどの仕事に従事。結婚後間もなくご主人の海外赴任に伴い、1995年11月から2011年7月までの16年弱、アメリカ国内で4回の転勤を経て4州で生活。2011年8月から2016年8月までの5年間、中国深センに居住し、合計で約21年間にわたる海外生活を経験。この間、アメリカでは10年間で大学院まで修了し、その後約5年間、日系企業にて人事業務に従事。2016年8月末に帰国後、約1年の派遣勤務を経て、2018年1月より、日本の大手生命保険会社の営業職に転身。

 

*武山千恵子さんの現在の仕事内容に興味をお持ちの方や詳しく話を聞いてみたいという方は、こちらからご連絡ください。職場見学も随時受付ておりますので、どうぞお気軽に、とのこと。見学に来たからと言って、必ず入社しないといけないと考なくても大丈夫(笑)、まずは、どんな雰囲気かを見ていただければ、嬉しいとのことです。

ピックアップ記事

関連記事一覧