ブランクじゃない、ブレイク

キャリア

本サイト運営責任者 駐在妻のキャリアサポートコーチ飯沼ミチエ
「しあわせキャリアの作り方」コラム

以前Facebookで、青山華子さんの投稿をシェアする形で
ご紹介させてもらったこちらの言葉。

日本人はね、何年か休むと「ブランク」って言うでしょ。
ブランクできたね」って。

でも、海外の人は、
「良いブレイク」したねって言う。

全然違うよね。
持ってるものを否定しても、
何の力にもならない。

せっかく持ってるんだから、
だったらそれを力に変えた方がいいなって。

「すべてを力に」ね。
何でも力にしなきゃっていう。

失敗も、欠点も、すべて自分の力。
すばらしい武器だと思ってほしいな。

 

バルセロナオリンピック、
マラソン銀メダリスト
有森裕子さんのお話です。

青山さんはさらに、

大切なのは、休んだことで
その後の自分がどう変化したか。

休んだことで、いいことがなかったのなら
それはよくない時間を過ごしたんだろうし、

逆に休み明けの自分が
いいコンディションだったら
その休みは必要なものだったのだ。

ブレイクは「休憩」という意味でも
使われるけど、

「人気が出る」
という意味でも使われる。

 

と書かれています。

キャリアに「ブランク」ができたことに
苦しんでいる駐在妻の皆さまに、

ぜひ知っていただきたいと思い、
ご紹介しました。

あなたは今、
仕事を休んでいることで、

どんな変化を遂げていますか?

あるいは、
どんな風に変化しようと
思っていますか?

 

もしも即答できなかったら、
ぜひぜひ

「今だからこそできること・やりたいこと」

「今しかできないこと・やりたいこと」 を、

リストにしてみてください。

 

851858ae880d82aec717

それが全部達成できたら

「将来につながる、良いブレイクだった」 

って、きっと思えるはずですよ♪

引用元ブログ

ブログに掲載した時のリンク先がなくなっていますが、
こちらにも有森裕子さんのお話が出ていますので、ご参考までに。

ピックアップ記事

関連記事一覧