駐在妻のオンラインカフェ 「カウンセリングって、どういうもの?カウンセリングでどうなれる?」

オンラインカフェ

今回は、アメリカ在住の心理カウンセラー『美子フィッシャーさん』をお迎えして、「カウンセリングのナゾ」に迫ります。
美子フィッシャーさんは、これまでに海外在住の日本人からのご相談を数多く受けてこられた経験をお持ちです。

いつものオンラインカフェとは違って、「参加者同士の交流」ではなく、私から美子さんにインタビューをしていくセミナー形式で開催します。

美子さんには「カウンセリングのリアル」をお話しいただき、皆さんからの疑問や質問にどんどん答えていただきます!

=======================

テーマ「カウンセリングって、どういうもの?カウンセリングでどうなれる?

開催日時: 12月14日(金)12 : 00~13:30(日本時間)
募集人数: 15名
参加費 : 無料

お申込先: https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=JqOibjrIRnM
=======================

「カウンセリング」という言葉に、皆さんはどんなイメージをお持ちでしょうか?

子どもたちの学校にはスクールカウンセラーが配置され、事件や災害の後にはさまざまな場面で「カウンセラーを派遣」というニュースを目にするようになりました。
少しずつ「カウンセリング」が身近になってきているかもしれません。
しかし、まだまだ「馴染みがない」「自分には関係ない」「何だかお金がかかりそう」と思う方もおられるでしょう。

私(飯沼ミチエ)自身がカウンセリングに救われたのは、海外で二人目不妊に悩んでいた時でした。
まわりがどんどん二人目を授かり、ため息ばかりついていた時、ネットで「不妊に悩む人のためのメールカウンセリング」を見つけて、思い切って相談してみたのです。

自分の中の「黒い気持ち」を吐き出し、その気持ちを認めてもらえたことでホッとし、そして黒い気持ちを持ってしまう自分を否定せずにいられるようになりました。
その日から、それまでとはまったく違う気持ちで毎日を過ごせるようになったことを、今でもはっきりと覚えています。

「カウンセリングは、特別なものでも、敷居が高いものでもない」と、私は思っています。
自分の心がいつもの状態ではないときに、話を聞いてもらうことによって「心の状態を整え、元の自分に戻れるように手助けしてもらえるもの」だと感じています。

皆さんに、もっと気軽に「カウンセリング受けてみようかな」と思ってもらえるようなオンラインカフェにしたいと考えています。

とくに今、このように感じている方はぜひご参加ください。

・カウンセリングを受けるほどの状態ではないが、興味はある
・寝ても気分転換をしても疲れがとれず、つらいと感じている
・「いつまでもこの暮らしに馴染めないのでは」と不安がある
・イライラしがち、落ち込みがち、引きこもりがちな毎日を過ごしている
・つい「夫の転勤さえなければ…」と考えてしまう
・人間関係でつまずくことが多い
・カウンセリングを受けたいけど、なんだか怖い気がする
・どうにもできない怒りがあって困っている
・感情のコントロールができなくてつらい
・環境に振り回されて、心に余裕がないと思う

 

※ 参加者の皆さんのカメラは、ON/OFFどちらでも構いません。
※ 申込みフォームにて、事前にご質問を受け付けます。
※ ニックネームでの参加も可能ですが、安心・安全な場を設けるために、お申込みは本名にてお願いします。
※ 参加者プロフィールの配布はいたしません。

 

皆さんのご参加をお待ちしています!

美子フィッシャーさんのプロフィール

欧米、アジア、オセアニア9か国にて、日本語補習校、日本企業、現地企業、日本人会などでセミナーや講演を行う。日本人ほか、在日中国人、在日韓国人など、これまで500名以上にカウンセリングを行っている。

美子フィッシャーさんのブログ 
『海外での悩みを解決、楽しい海外生活に!』 

 

※ オンラインカフェは、飯沼ミチエのメールマガジンにて、先行募集を行っています。
今後のご案内を希望される方は、ぜひこちらから無料メール講座にご登録くださいね!

そして、今まで開催したオンラインカフェについては、ぜひこちらから【開催報告】の記事をご覧ください。

 

飯沼ミチエ

11,065 views

駐在妻キャリアサポートコーチ。元駐在妻の経験を活かし、“キャリア”と“孤独感”に悩む海外駐在妻、元駐在妻、プレ駐在妻が、心のモヤモヤを解消し、世界のどこにい...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧