モンゴル(ウランバートル)の出産・育児・教育情報

ウランバートル

2020年07月更新

妊活・妊婦検診・出産

産婦人科

名称口コミ情報
United Family Intermed Hospital24時間救急対応がある総合病院です。救急車あり。おおむね英語が通じます。
Song Do Hospital韓国と提携しているローカル総合病院です。
K.Mさん
United Family Intermed Hospitalは、外国人向けの病院で診察費用は高めです。Song Do Hospitalは、医師ならある程度は英語で意思の疎通ができます。

小児科・その他病院

名称口コミ情報
SOS MEDICA MONGIRIA会員制クリニックですが、非会員でも診察してもらえます。英語での対応が可能です。
SOS MEDICA MONGIRIA Zaisan Branchザイサン地区(高級住宅街)にある分院。本院と同じく会員制です。夜間・緊急対応は本院のみとなります。
United Family Intermed Hospital24時間救急対応があります。救急車あり。
EMJJ EAR NOSE AND THROAT HOSPITAL総合耳鼻咽喉科。
K.Mさん
SOS MEDICA MONGIRIAは、タクシーの運転手が場所を知らないことが多いです。「ケンピンスキーホテルの北」と伝えた方がいいです。
K.Mさん
寒冷地なので子どもが頻繁に耳鼻科を受診します。EMJJ EAR NOSE AND THROAT HOSPITALは、平和大通り沿いにあって便利です。医師のスケジュールにもよりますが、夜7時まで受診可能。約1,500円で2週間何度でもフォローアップを受けることができます。
ここはローカル病院で通訳がいません。医師や看護師に英語のできる人はいるものの、少なくとも初診はモンゴル人の通訳が欲しいです。私も最初は主人の会社の秘書について来てもらいました。2回目からは自分たちだけでも何とかなります。
とても大きな病院で、医師もたくさんいるし機器も揃っているので、かなり頼りになる病院だと思います。いつ行っても現地の人で混んでいて、1時間待ちは当たり前なのが欠点です。

総合情報

名称口コミ情報
チビママ子のブログモンゴル情報全般が載っています。
K.Mさん
チビママ子のブログ、オススメです。ただ、2018年10月より更新がありません。

育児グッズが買えるお店

名称 口コミ情報
NOMINモンゴル最大のデパート。ピジョン製品のコーナーがあります。
シャングリラモール育児グッズ以外におもちゃがたくさん売られています。
ダイソー
K.Mさん
・NOMINにあるピジョン製品のコーナーで、レトルト離乳食が購入できて心強かったです。
・シャングリラモールには、子ども服・家具・カトラリーなど一式ありますが、チャイルドシートまで売っていたのが貴重でした。おもちゃがたくさん売られていて助かりました。
・ダイソーで、グ~ンのおむつ、粉ミルク、アラウの洗剤など消耗品をよく買いました。

 幼稚園・プレスクール

名称口コミ情報
СЭЗИС,Хасгэрэл Цэцэрлэг息子が通っていた保育園です。財務大学の敷地内にあります。園長先生は少しだけ英語がわかります。
K.Mさん
日常会話はモンゴル語です。外国人のお子さんはインド系が1人いましたが(2019年)、ほとんどの園児がモンゴル人でした。ある日突然、モンゴル特有の硬いチーズとぶどうジュースが保護者に配られるなど、モンゴル特有の習慣に触れることができました(行事の意味は不明です)。

 小学校・中学校

名称口コミ情報
INTERNATIONAL SCHOOL OF ULAANBAATAR
K.Mさん
数少ない日本人の知り合いのお子さんが通っていました。

 日本で購入した方がよいもの

K.Mさん
麦茶や緑茶のパックは現地で買うと高いので、日本で購入した方がよいです。日本の味海苔、韓国海苔は売っていますが、焼き海苔は日本で購入してきた方がよいです。

ウランバートルで出産・子育て・教育、ここがいい!

K.Mさん
モンゴルはとても外国語教育に力を入れている印象があります。英語のペラペラな小学生が珍しくありませんし、日本語が堪能な若者も多いです。

ウランバートルで出産・子育て・教育、ここに気をつけています!

K.Mさん
ウランバートルの冬は、寒さと大気汚染が酷いので外遊びは諦めた方がいいです。私はよく室内にある有料の遊び場に連れて行っていました。よく行っていたのはシャングリラモールの「アドベンチャーゾーン」(3時間で1万5千トゥグルグ(約700円)、付き添いの大人は無料)です。またザイサン地区に「ツリーハウスファミリーカフェ」という小さい子を遊ばせながら食事ができるレストランがあります。
近場に旅行もオススメです。ウランバートルの周りに、1泊2日で楽しめる観光地がいくつもあります。ウランバートルにHISがあるので、そこで旅行の相談をしていました。
運営メンバーパクチー
駐妻カフェでは、ウランバートルの生活情報や、世界中の駐在妻とオンラインでお話をするオンラインカフェなどの情報も掲載しています。ぜひご覧ください!

Enjoy your life in Ulaanbaatar !

おすすめ記事10選より紹介

関連記事一覧