【開催レポート:5/26開催分更新】オンライン読書会「駐在妻の海外ゆる読書会」(オンラインカフェ)

開催レポート

駐妻カフェでは、「駐在妻の海外ゆる読書会」をほぼ毎月1回、定期開催しています。

この読書会では、まず最初に1人2〜3分の自己紹介をしたあと、1人1冊(または数冊)、おすすめの本を紹介していただきます。

読書会というと、なにやら小難しい印象があるかもしれませんが、この「ゆる読書会」では本の種類は問わないため(テーマ読書会は除く)、お好きな小説やエッセイ、ビジネス書といった定番ジャンルのほか、お子さんへ読んでいる絵本や、お気に入りのマンガなどをご紹介される方もおられます。

参加者からの紹介本(2021年3月〜)

各回の開催状況と、皆さんにご紹介いただいた本です。

【2021.3.24開催】 参加者5名 

・オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る /オードリー・タン

・消したくても消せない嫉妬・劣等感を一瞬で消す方法 /大嶋信頼

・逆ソクラテス /伊坂幸太郎

・フレデリック−ちょっとかわったねずみのはなし /レオ・レオニ

【2021.5.26開催】 参加者5名 

・「マチネの終わりに」 平野啓一郎

・「楽園のカンヴァス」 原田マハ

・「常設展示室」 原田マハ

・「 We Are Displaced: My Journey and Stories from Refugee Girls Around the World」 Malala Yousafzai

・「 Gun Island 」Amitav Ghosh

・「 Eleanor Oliphant is Completely Fine 」Gail Honeyman

・「未来を予約する手帳術」 青木千草

・「わたしの手づくり保存食百科 〜ジャム、シロップ、ピクルス、燻製、ソース〜」 リンダ・ブラウン

参加された皆さまからは「自分では普段読まないジャンルの本に触れることができた」「オススメ本だけでなく、参加者の各地の生活環境を聞けたことも興味深かった」などの感想をいただいています。

また、お子さまとご一緒に参加されたり、お子さまの送迎などで途中参加や途中退出されても構いません。「興味はあるけど、ちょっと難しそう」「参加してみたいけれど、子どもが泣き出さないか心配」といった方も、安心して参加できる読書会です。

「駐在妻の海外ゆる読書会」は初参加の方も多いので、ぜひ気負わず参加してみてくださいね。

その他関連情報

▶無料メール講座
オンラインカフェは、飯沼ミチエのメールマガジンにて先行案内をしています。今後の案内を希望される方は、ぜひ無料メール講座にご登録ください。

▶イベントカレンダー
今後も飯沼ミチエならびに運営メンバーがオンラインカフェの開催を予定しています。ぜひこちらのイベントカレンダーからご自身の興味のあるものをチェックしてください。

▶開催レポート
「海外駐在妻の海外ゆる読書会」をはじめ、駐妻カフェでこれまでに開催したオンラインカフェについては、【開催レポート】をご覧ください。

おすすめ記事10選より紹介

関連記事一覧