ベトナム(ハノイ)の出産・育児・教育情報

各国情報(海外出産・子育て・教育)

妊活・妊婦検診・出産

産婦人科

名称 口コミ情報
Family Medical Practic 婦人科あり。
日本人ナースが2名常駐。
Vinmec 分娩室あり。
ベトナム人日本語通訳者が2-3名常駐。
French hospital 分娩室あり。
Aさん
French hospitalは入院施設があり、分娩施設は良いと聞きます。

産後ケアサービス

名称 口コミ情報
Vinmec 産後、ナースによるお宅訪問でベビーマッサージ➕沐浴サービスがあり(有料。一回約1500円)。

 

小児科

名称 口コミ情報
Family Medical Practic
Vinmec

Aさん
小児科ではないですが、ホータイエリア: さくらクリニック、ラッフルズ。その他エリア: ロータスクリニック、東京メディカルクリニックの各クリニックでもみてくれます。ラッフルズの野田医師は小児科ではないですが総合医で、予防接種に非常に詳しく、頼もしいです。

 

育児グッズが買えるお店

名称 口コミ情報
Soc& brothers 日本製品多い。高いが品質は良い。
bibo mart 日本の離乳食なども少しあり。主にローカル製品。

 

 未就園児向けサークルや教室、託児

名称 口コミ情報
ハノイベビー会 3歳未満のご家族が入会可能(無料、宛先にメール送付のみ)。
月に四回ほど、各レジデンスのプレイルームで自由に集まる。代表はいらっしゃいますがあくまでボランティアで、特にイベントはなく自由開始自由解散ですが、時々読み聞かせのボランティアの会や、イベントがあり。メーリングリストで、育児関連の情報やガレッジセールの情報も時々あり。
おひさま幼稚園
(2018年開園)
園内開放。
ひまわり幼稚園 園内開放。

 

幼稚園・学校・補習校

日系幼稚園

おひさま
ひまわり
なかよし
さくらモンテッソーリ
さくらホアンダオ

インターナショナル幼稚園

さくらモンテッソーリの国際科(幼稚園のみ)
ISV(幼稚園〜高校まで)
SIS(同上)
HIS
UNIS
BIS
st.Paul
コンコルディア
Wellspring

Aさん
HIS、UNIS、BIS、st.Paul、コンコルディアあたりが日本人受付窓口も設置しているため、有名かつ日本人比率も高いですが、新設(4年目くらい)のISVもキャンパスや規模、費用面、教育面でオススメです。IB(インターナショナルバカロレア)制度を採用しています。

小中高校

日本人小学校(小、中学のみ)
インター系(小、中学、高等学校)

子どもの習い事 

婦人会のハノイガイドに習い事情報が集約されています。

Aさん
イオンモールに日系のルネッサンス(水泳)があります。日本人学校関連での習い事(活動)をされているお子さんも多いです(サッカー、バスケ)。野球、剣道は日本人チームがあります(いずれも会場は日本人学校)。

日本で購入した方が良いもの 

Aさん
漢字練習帳、ドリル、お気に入りの文房具、ガムテープなど(ダイソーもあり重宝しますが、倍の200円します。現地本屋に文房具や玩具が売っていますが、日本クオリティを求めるものは日本での購入が良いと思います。ただ、英語関係の本は日本より安いです)。

ハノイで出産・子育て・教育、ここがいい!

Aさん

出産:
Vinmec は4Dでの超音波診断など、日本の個人産院より進んでいると思われる部分もありました。またダウン症などの産前診断が標準で含まれている点、無痛分娩も標準パッケージに含まれている点が日本と大きく異なっていました。

日本語通訳さんも予約から診察、会計まで同行してくれるので助かります。(慣れてくると時々いないこともありますが)

入院施設も全室個室、シャワー付き、食事も3種類から毎食選べ、快適でした。無痛分娩も専門の麻酔医がおり事前説明も設けられ、安心できました。費用も約20万円ほどで、日本と比べると安いです。これでもローカル病院の3倍ほど高いです。妊娠検査薬も100円ほどで、近所のファーマシーで買えます。

Aさん

子育て:
レストランにはほぼ必ずベビーチェアがあり、他の店舗の食品持ち込みも可能、テイクアウトも大抵可能、店によってはデリバリーも可能で、子連れでも外食しやすいです。ただしローカル屋台は衛生面で子連れでは入りづらい店も多々あり。

子供の数も多く、子供に対しておおらかなので、のびのび過ごせます。

また、大抵のレジデンスはハウスキーピング込み、かつ、メイドさんも口コミで良い方がたくさんおり、料理やシッターを比較的安価で任せられるので、罪悪感無く自分の時間を持ちやすい点が日本と大きく異なる点かと思います。

ボランティアに励んでいる方もたくさんいらっしゃいます。

Aさん

教育:
日本人学校は教育熱心で、各種検定試験もほぼ必須、できる子も多い印象です。ローカル学校に通っているお子さんはとても少ない印象です。

インターに通っているお子さんも少ないながら一定数います。韓国人が非常に多く、英語が話せる韓国人の子供も多く、コリアンパワーをひしひしと感じます。

ハノイで出産・子育て・教育、ここに気をつけています!

Aさん

出産:
基本的には問題ないですが、トラブル時の対応は不安が残ります。(知り合いは帝王切開で14センチ切ったそうです(日本では7センチだったとか)。

念のため、日本での分娩予約もしておいて、リスクヘッジした上で現地出産に臨むのが良いかもしれません。

Aさん

子育て:
ベトナム人は子供におおらかでフレンドリーです。良い面もありますが、日本人から見るとかなり活発で粗暴ともとれるような強い子が多く、施設での順番抜かしはもちろん、公園に行くと必ず個人のモノでも勝手にとって遊び始め、ボールもあらぬ方向に投げて無くされたりすることが多々あります。

またフレンドリーで、例えばキャッチボールやバドミントンなどを家族でやっていると、一緒に参加してこようとします。適当にかわしつつ受け入れつつ、許容範囲を超えることは、ダメなものはダメと言いつつ付き合っていく懐の広さも求められます。

遊ぶ施設は限られるので、新しい公園などを探し求める日々です。公園は人工芝に裸足で上がり、日本製の遊具が置いてあるところが多いです。

また、意外に乳児にはあれこれと細やかです。例えば常にぎちぎちにくるむ、とか、生後1ヶ月たったら髪を剃る、とか、外に出ると常に寒いから靴下を履かせなさいなど、よく注意されます。ほどほどに受け流すスキルも必要です。

Aさん

教育:
中学受験、高校受験のタイミングで本帰国される方は多く、帰国時期や勉強方法を悩まれている方も多いです。中学から赴任し日本人学校に入学した方は(日本人学校は中学までしかないため)、インターに入学試験を受けて転校する方も一定数います。

ハノイは習い事や塾がそこまでは充実しておらず、夏は日中出歩けないほど暑いのでひたすら泳ぐなど、過ごし方に悩まれている方もいます。

 

Enjoy your life in Hanoi!

 

ピックアップ記事

関連記事一覧