この先、20年、30年働くために 

キャリア

本サイト運営責任者 駐在妻のキャリアサポートコーチ飯沼ミチエ
「しあわせキャリアの作り方」コラム

このコラムは、飯沼ミチエのブログの過去の記事より
反響が大きかったものを編集してお届けしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は、とある秘密の会(笑)を開催。

日本を含む6か国の方と
Zoomで本音トークを繰り広げ、

とても充実した時間でした^^
(一般募集しなくてごめんなさい)

その中で出た話に関連して、

私自身改めて思ったことがあるので
シェアしますね。

ひとりで小さく起業する、
という働き方。

もしかしたら大きな会社、
安定している会社にお勤めの方には、
突拍子もないことに
思えるかもしれません。

私自身、そんなことを考えたのは、
夫の転勤に伴って海外に住み、
そして帰ってきたことがきっかけでした。

何度も書いているように、

これからどう働くのか、
どう生きていくのか
(大げさですかね・笑)

すっごく悩みました。

そこで出てきた答えが、
自分で仕事をする、ということ。

私は30代が子育てと転勤で
終わってしまったこともあるので

少なくとも70歳くらいまでは
働けたらいいなあって思ってます。

ガツガツ働くというより、
長期的に考えたときに、

自分らしく好きなことで、
人に社会に貢献する

というイメージです。

(とはいえ、ガツガツ働く時期も
子どもが手を離れたころに
やってくる気がしていますよ!)

今42歳なので、
この先20年、30年にわたって働く
って考えたときに、

小さく起業するという働き方は、

たとえ最初は収入が少なくても
柔軟性がある、と思いました。

実際今はまだまだ子育てに
手がかかります。
(娘小6、息子年長)

これからまた
海外転勤の可能性も高いです。

もしかしたら親の介護だって
やってくるかも?

ひとり起業なら

それに合わせて仕事の量を
コントロールしながら

しかも、どこに住んでいても
自分らしく働くベースを作れます。

実際今は、
子どもに負担をかけることは少ないし
満員電車で通勤しなくていいし、

何事も自分で決められるというのは、
大変ですが、とても自由です。

そして、自分がやりたいことで、
役に立てている実感があります。

もちろん、
それが良いかどうかは、
人それぞれの価値観ですからね。

大変だから無理って思う人も
いると思います。

企業で働いたほうが
大きなことができる、
という考えもあると思います。

ただ私自身は、

この先20年、30年にわたって
どこにいても、自分らしく
ライフワークとなるような仕事したい

という心構えを持って、
取り組んでいるつもりです。

何か参考になればうれしいです♪

 

あなたは30年後に
どんな毎日を送っていたら
幸せですか?

引用元ブログ

ピックアップ記事

関連記事一覧