インド・バンガロールの生活情報

バンガロール

2019年 6月 更新

情報収集の方法は?

日本語フリーペーパー

名称 口コミ情報
・月刊Charo 南インド版
・シバンス 南インド版
インド関連のコラムやマンガ、インタビュー記事やイベントレポート、バンガロールとチェンナイのレストラン・ショップ・サークル情報などが掲載されています。日本食レストランなどで入手できます。

おすすめウェブサイト・ブログ

名称 口コミ情報
インド発、世界。 NGOミューズクリエーションの坂田マルハン美穂さんによるサイト。サイト内の『バンガロールガイドブック』には、バンガロール在住の駐在妻の方々の日常生活や妊娠・出産に関するQ&Aが掲載されています。他にもレストランやスーパーなどの食材店、雑貨屋、病院、学校などの情報がGoogleマップと連動し、日本語で口コミを見ることができます。
Rさん
「インド発、世界。」には他にも様々な情報が満載です。インドの食材で作った手料理やお菓子の写真や記事がたくさん掲載されていて、参考になります。

生活に必要な語学力は?

Rさん
英語が共用語です。専属のドライバーやUberのドライバー、店員やサービススタッフはほとんどの場合英語が通じるので、日常会話レベルの英語で話しています。
現地語はカンナダ語です。簡単な挨拶をするだけでも、現地の方に喜ばれます。英語が話せないメイドさんを雇っている方は、紙に書いたり、身振り手振りでコミュニケーションを取っているようです。

飲料水って、どうしてる?

Rさん
飲料水は全てペットボトル水(Bisleri、kinley、AQUAFINAなどが主流)を使用しています。レストランで注がれる無料の水は飲まないようにし、ペットボトル水を注文しています。野菜を洗ったり歯磨きには浄水された水道水を使用しています。

治安は?

Rさん
露出の高い服を着ないようにしたり、夜間に出歩いたりしないようにしています。1人でUber(タクシーの配車アプリ)を利用することがよくありますが、今のところ問題なく利用しています。Uberに乗車する際は念のため、主人に一報を入れ、位置情報を共有するようにしています。

日々の買い物は、どんなところでしてる?

1.日系・韓国系 2.ローカル 3.ネットスーパー 4.その他

  名称 口コミ情報
Foodhall 輸入食材を多く扱う、高級スーパーマーケット。野菜や肉などの生鮮食品、オイルや豆類、お菓子、加工食品などを取り扱っています。
Nature’s Basket オーガニック野菜、ハムやチーズ、冷凍食品、調味料やお菓子など、国産品、輸入品共に品揃えのよい、高級スーパーマーケットです。
Namdhari’s Fresh 自社農場で栽培された新鮮な野菜や果物、穀物や豆類、調味料やお菓子も取り扱っています。
New Frosty’s フレッシュなお肉が入手可能です。利用する日本人も多い精肉店です。牛肉、豚肉、鶏肉、マトン、魚類を取り扱っています。
Fresh to Home 新鮮な肉や魚、野菜をデリバリーしてくれるサイトです。例えばエビの殻あり・殻なしなどのオプションも選べます。
big basket オーガニックの野菜や果物、肉や魚、卵などの生鮮食品、調味料、お菓子、日用品、オムツなどのベビー用品などもデリバリーしてくれるサイトです。
Rさん
WhatsAppのチャットで注文、配達が可能なお店もあります。バンガロールでは手に入らない食材や調味料は、主人の会社の福利厚生による物資送付制度や、買い出し制度を利用してバンコクなどで調達することもあります。

もしも病気になったら・・・?

日本語が通じる病院

名称 口コミ情報
Sakra World Hospital 日本語ヘルプデスクがあり、日本語での受診が可能な総合病院。297床。日本人の出産実績は確認中です。

日本語は通じないが日本人が利用する病院

名称 口コミ情報
Columbia Asia Hospital バンガロール市内に複数拠点がある総合病院。日本人の出産実績あり。
Cloudnine Hospital バンガロール市内に複数拠点がある産婦人科病院。日本人の出産実績あり。
Rさん
ほとんどの駐在員とその家族は会社負担で海外旅行保険に加入しています。日本語で受診予約ができ、日本語ができるスタッフが同行し受付から受診、薬を受け取るまで全てサポートしてくれるので安心です。

初心者におすすめのアプリは?

1.交通系 2.デリバリー系 3.その他

  名称 口コミ情報
Zomato 食べログのようなアプリで、レストランの口コミやランキング、メニューの写真などが閲覧できます。また、このアプリからデリバリーを頼むことも可能で大変便利です。
2 Swiggy フードデリバリーのアプリ。評価の高い順、配達時間の短い順、料金の安い順など、並び替えが可能です。Zomato同様に、オンライン決済もできて便利です。
WhatsApp LINEアプリのような感覚で、現地の方やお店も高頻度で使っているメッセンジャーアプリです。
Rさん
電話だと英語が聞き取りにくく、何を言われているかわからなかったり、自分の言いたいことが伝えられなかったりすることが多いので、WhatsAppアプリを使ってドライバーやお店の人とメッセージのやり取りをしています。わからない表現や単語があっても翻訳アプリを駆使し、意思疎通を図ることができています。

日本から持って行った方が良いものベスト3は?

Rさん
1.ステレンスボトル(水筒):現地には日本同様のクオリティのものがありません。日本のように自動販売機やコンビニがないので出かける際はマイボトルを持参しています。
2.お弁当箱・蓋が耐熱のタッパー:インドではステンレスのお弁当箱が主流です。日本から持ってきた保温効果が高いお弁当箱を使用しています。日本のクオリティのサランラップがないので、節約のため、蓋をしたまま電子レンジで使えるタッパー(容器)が活躍しています。
3.保冷バッグ・保冷剤:一年中気温が高いので、持ち寄りパーティーの際の料理の運搬やゴルフの際に重宝しています。肉屋さんが車で数十分離れた場所にあるので保冷バッグと保冷剤が必須です。

現地品で代替できるものは?

Rさん
シャンプーや洗剤などの日用品は現地のものを使っています。

中古品を購入できる店舗、ウェブサイト、コミュニティは?

名称 口コミ情報
GREEN CYCLE バンガロール(周辺地域)在住者限定のFacebookグループで、「不要になった」ものがある方と「ぜひ欲しい」ものがある方を結びつけるサイトです。

主な交通手段や、気をつけることは?

名称 口コミ情報
専属の
ドライバー
使用可能な曜日や走行距離など会社の規定がそれぞれ異なるので、ご主人の会社に確認や交渉が必要です。
Uber 配車アプリです。乗車前に目的地までの料金とルートが表示されるので、値段交渉やドライバーへの道案内の必要はありません。Premierで配車すると、評価の高いドライバーや比較的キレイな車が多いのでオススメです。
ola cabs インド発の配車アプリです。Uber同様、値段の交渉をすることなく利用できます。配車アプリはUberを利用することがほとんどですが、Uberで配車不可の場合もあるので、こちらのアプリも入れておくと安心です。
Rさん
バンガロールでは基本、どこへ行くにも車移動が必須です。居住エリアにもよりますが、車がどれだけ自由に使えるかで生活の質が変わると個人的には思っています。我が家は家族専用車がないので、夫が会社に行っている間だけ夫の専属のドライバーを使わせてもらっています。日曜日と、会社の都合でドライバーに来てもらえない時はUberを使ったり、ご近所の方の車に相乗りさせてもらったりしています。

バンガロールのここが好き♪

Rさん
オーガニックの野菜やスパイスなどが日本よりも安く購入できます。インド料理が美味しいのはもちろんのことながら、おしゃれなカフェやイタリアン、中華、韓国料理などのレストランも充実しており、美味しいクラフトビールが飲めるお店があるのもバンガロールの魅力の一つです♪

 

運営メンバーrumi
駐妻caféでは、インド各都市の生活情報や、オンラインカフェ海外での出産・子育て・教育キャリアについての情報も掲載しています。ぜひご覧ください!

 

Enjoy your life in Bangalore!

 

 

Pick Up記事