本帰国後に仕事ができるか不安

キャリアについて考える

本サイト運営責任者 駐在妻のキャリアサポートコーチ飯沼ミチエ
「しあわせキャリアの作り方」コラム

Aさん(30代後半)は、
海外生活を満喫していました。
現地で出産もしたので
まだまだ子育てで忙しく、
帰ってからのことを考える余裕は
ありませんでした。

いえ、本当は余裕がなかったのではなく、
本帰国後のことが気になりつつも、
「まあ帰ってから考えればいいか」
「どうせまた次の転勤もあるし、
働くって言ったってね~」
と、無意識のうちに考えることを避けていました。


Bさん(同じく30代後半)は、
自分が興味のある勉強を続けていました。
Bさんも子育て中で、
決して暇ではなかったけれど、
少しずつ知識が備わりました。

滞在中や、一時帰国中に講座を受けることで、
どんどん仲間も増えました。
Bさんは、本帰国して引っ越しや
子供たちの学校が落ち着いたあと、
自宅で教室を始めました。
もしもまた転勤があったとしても、
土台はできています。

環境が整えば現地で再開するもよし、
もしビザの関係などで難しければ、
新たな学びを深める期間とするもよし、
自分なりのライフスタイルが描けています。


これね、Aさんって私なんです・・・。

そして、Bさんは、
私の複数の友人たちのストーリーをひとつにしたもの。

プロフィールにも書いておりますが、
そんなわけで私は帰国後に、かなり長い間、
モヤモヤと思い悩む日々を送ることになったわけです。

ああ、何をやっていたのだ、私・・・。

「本帰国後に働きたい」という思いがあるならば、
「なぜ働きたいのか」
「どんな風に働くのが理想なのか」
「どのくらい収入がほしいのか」
「自分にとってわくわくするような働き方ってどんなものなのか」
まずは自由に思い描いてみましょう!

それから、
「じゃあどうすれば、その未来にたどり着けるのか」
をしっかりと考えて、
本帰国までに踏むべきステップを
ひとつひとつ書き出してみましょう。

もちろん、スポットコーチングセッションでもお話をお伺いしております。

 

引用元ブログURL:https://ameblo.jp/lifedesign-michie/entry-12256618006.html

飯沼ミチエ

6,251 views

駐在妻キャリアサポートコーチ。元駐在妻の経験を活かし、“キャリア”と“孤独感”に悩む海外駐在妻、元駐在妻、プレ駐在妻が、心のモヤモヤを解消し、世界のどこにい...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧