働くこと、生きること

キャリアについて考える

本サイト運営責任者 駐在妻のキャリアサポートコーチ飯沼ミチエ
「しあわせキャリアの作り方」コラム

NHK朝ドラの「べっぴんさん」、
時々とても印象的なセリフが出て来ます。

「どう働くかはどう生きるかにつながります」

というセリフがありました。

そうだよなあ、って思って見てましたが、
改めてこの言葉を見ると、
反対も言えるなって思ったんです。

つまり、

「どう生きるかは、
どう働くかにもつながると思います。」

例えば、ご自分の仕事を諦めて、
ご主人の海外転勤に帯同して
海外生活をされている方。

こういった方からたくさん
メッセージを頂いています。

でね、私が思うのは、帰国後働きたいなら、
不安を募らせるよりも

「今、ここでどう生きるべきか」

にフォーカスしたらどうかな、ってこと。

実は、

何年も海外で主婦をしているうちに、
「自信をなくした」ということを、
よくお聞きします。

仕事に対する自信
社会復帰する自信
もっと漠然とした自信

自信をなくしてしまうと、
不安ばかりがつのり、

なかなか前向きに「働くぞ!」と
思えなくなってしまいます。

そうなってしまう要因のひとつは、
仕事や社会から離れる、ということ。

それに加えて、

語学の壁があることによって、
家の修理・不具合関係のこと(これ、よくある)、
子供の学校との重要な連絡、旅行の計画など、

「ご主人任せにすること」

が増えていってしまうのも、
関係しているかもしれません…。

そんな状態にならないためにも、

今ここで、
あなたなら何ができそうですか?

どう働くか、ということにつながる

どう生きるか。

ぜひ考えてみてくださいね♪

引用元ブログURL:https://ameblo.jp/lifedesign-michie/entry-12253744406.html

飯沼ミチエ

6,251 views

駐在妻キャリアサポートコーチ。元駐在妻の経験を活かし、“キャリア”と“孤独感”に悩む海外駐在妻、元駐在妻、プレ駐在妻が、心のモヤモヤを解消し、世界のどこにい...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧