ドイツ・デュッセルドルフの生活情報

ラインタワー
デュッセルドルフ

2021年 7月 更新

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、表記されている店舗やサービス情報に変更があるかもしれません。あらかじめご了承ください。

情報収集の方法は?

日本語フリーペーパー

ニュースダイジェストドイツ生活のお役立ち情報、時事問題、医師によるコラム、ドイツ食材の旬のレシピ、観光ミニ情報などの生活情報を掲載。月2回発行。

おすすめウェブサイト・ブログ

名称口コミ情報
ニュースダイジェストネット版上記フリーペーパーのネット版。ドイツ生活のお役立ち情報、時事問題、医師によるコラム、ドイツ食材の旬のレシピ、観光ミニ情報などの生活情報を掲載。
デュッセルネットニュースダイジェストよりもデュッセルドルフに限定した日本人向けサイト。病院探し、教育、祝日情報、ゴミの分別方法など多岐に渡る生活情報を掲載。
デュッセルドルフに来たら最初に参考にすべきサイトだと思います。

生活に必要な語学力は?

Aさん
クリニックやレストラン、観光地などでは英語をよく使います。
Aさん
ドイツ語は買い物やご近所さんとのやりとりで時々使用します。
私のドイツ語は基礎レベル(欧州言語の評価基準のA2)ですが、できる範囲で会話を楽しむように心がけています。

飲料水って、どうしてる?

Aさん
ドイツの水道水は飲むことができますが、デュッセルドルフの水は硬度が高いため、私は飲料水用にミネラルウォーターを購入しています。料理には基本的に水道水を使用しており、お茶やハーブティーをいれるのに使う水はBRITAを通しています。
BRITAは気を付けないと容器の底にカビが発生するので、1~2週間に一度はお手入れしています。

治安は?

Aさん
私が住んでいるのは日本人の多い地域で、昼夜とも比較的治安がよいです。街灯がないので、夜暗くなると出歩きません。
家では日本と同程度の戸締りをし、繁華街ではバッグのファスナーを確実に閉め、スマートフォンを手に持たず、足早に歩くように気を付けています。

日々の買い物は、どんなところでしてる?

1.日系・韓国系 2.ローカル 3.ネットスーパー 4.その他

名称口コミ情報
1松竹おいしい魚も買える日系スーパー。和食材を探すときはまずはここに行きます。
1大洋食品松竹よりも全体的に少し安い印象で、雑貨が多めです。
1抹茶カフェ 若葉小さなカフェですが、お米(欧州産こしひかり)、納豆などの和食材、北海水産(鮮魚店)の冷凍の魚、日本のお菓子なども買えます。唐揚げ丼などのカフェメニューの店内飲食、テイクアウトが可能です(新型コロナウイルス対策の規制による変動あり)。
1ハナロ韓国系アジアンスーパー。日本のものも売っています。冷凍食品の品揃えや韓国系の手作りお惣菜がおいしいです。
2Kaufland日本でいうイオンのような大型スーパーで、一通り揃います。
2ALDIディスカウントスーパーですが、オーガニック商品の品揃えも多く、愛用しています。
2ニコラウギリシャ系スーパー。一角にあるテイクアウトの松本鮨と奥の鮮魚コーナーの品ぞろえが豊富で絶品!
3市場(マルクト)・農家新鮮な野菜、お肉、卵が買えます。値段はあまり安くないです。
私はほとんど買いませんが、骨なしのとりモモ肉や豚の薄切り肉を売っている市場もあります。
Aさん
各地で市場が開催されています。旬のものや日本ではあまり売られてない珍しい食材を選ぶのが楽しいです。
じゃがいも専門のお店
じゃがいもの種類の多さが圧巻の市場(マルクト)のお店
酒屋でのビール写真
ドイツといえばビール!種類も量もスケールが違う

もしも病気になったら・・・?

日本語が通じる病院

名称口コミ情報
内田医院総合内科医のホームドクター。頼りになる日本人の女医さんです。健康診断プログラムあり。
ノイゲバウア馬場内科クリニック日本人医師。健康診断プログラムあり。
DR.KOPSAHILIS Nicolaos在籍
Dr.筒井 忠弘(通称:筒井歯科)
日本人歯科医。とても上手に治療してくれます。プライベート保険のこともよくご存じで、予算を考えて治療してくださいます。
Aさん
まずはホームドクターに相談、もしくは知り合いの医療通訳さんから病院を紹介してもらっています。ドイツでは後日に送付される請求書で医療費の支払いをするため、当日の支払いはありません。

日本語は通じないが日本人が利用する病院

現在、口コミはありません。

初心者におすすめのアプリは?

1.交通系 2.デリバリー系 3.その他

名称口コミ情報
1Rheinbahn市電など交通機関専用。アプリでのみ購入できる10回券はお得です。
1Omio欧州を横断するバス、電車、フライト検索が可能。
3ROSSMANNドラッグストアのもので、10%オフクーポンが使えます。
3PAYBACK日本でいうTポイントのような加盟店の多いポイントカード。スーパー、ドラッグストア、WMFなども加盟しています。
Aさん
スマートフォンのアカウントの地域設定が日本になっていると使えないものもあります。

ドイツ・デュッセルドルフでこれがおすすめ

Aさん
・名産品:デュッセルドルフの名産はなんといってもアルトビール!醸造場が数軒あり、作りたてのビールをいただけます。

・観光:郊外にあるベンラート城のクリスマスマルクトはこじんまりとしていながら屋台や出店が素敵です。

・お店:おすすめのお店はニコラウというギリシャ系スーパー内の松本鮨。とても新鮮でおいしい海鮮丼が5ユーロから買えます(テイクアウトのみ)。また、お店の奥にはオランダ、フランス、イタリア、スペインの市場から買い付けた鮮魚コーナーがあります。日本人の店員さんがいて、旬のお魚や調理方法についてのアドバイスも聞けます。

日本から持って行った方がよいものベスト3は?

Aさん
・ヨーグルトメーカー:腸活のため、納豆や甘酒など、さまざまな発酵食品を作っています。
・軟水化シャワーヘッド:硬水対策に。軟水地区には要らないかもしれません。
・ドイツ語辞典:ドイツ語を習うなら初級レベルでも必要だと思います。私は一時帰国で買い足しました。
Aさん
その他のおすすめ
・自分の自由に使えるお金:日本円の決済ができるようにPayPalの手続きをしておくといいと思います。
・ファンデーション:コロナ禍で店頭でのテスターが試せず色選びに苦労しているため、お気に入りを持参することをおすすめします。
・生理用ナプキン:夜用だけは日本のものが安心で愛用しています。

日本と違って困ったことは何ですか

Aさん
・硬水が原因で肌が荒れました。身体が順応するまで半年くらい気長に待ったら徐々によくなっていきました。

・「お客様は神様」ではありません。ドイツでのサービスはあまり期待しない方がいいです。最近はだいぶよくなってきましたが、店員さんは忙しいとなかなか相手をしてくれないこともあります。家の修理などの業者は時間通りに来ることはまれです。連絡なくドタキャンされることもあります。

・冬季は16時頃には真っ暗になるので、なるべく早く帰るなど、時間の使い方が大切です。

中古品を購入できる店舗、ウェブサイト、コミュニティは?

名称口コミ情報
帰国ガレッジセールLINEの個人売買コミュニティ。ベビー用品、食器、家具、家電、文房具、本、100円ショップの雑貨(貴重品!)など、あらゆるものが出品されています。七五三の着物が出品されているのを見たことがあります。
※知り合いに招待してもらう必要があります。
WIN-WIN同上
Aさん
アパートのエントランスに「ご自由にどうぞ」と不用品が置かれていることがあります。

主な交通手段や、気をつけることは?

名称口コミ情報
自転車自転車専用レーンがある場合はそこを走ります。方向も決められているので注意が必要です。
盗難されやすいので、太いチェーンを使って電柱などに括りつけて駐輪しています。
自動車信号は青になると同時に走リ出さないと後ろからクラクションを鳴らされます。
市電(U-Bahn)切符に利用の刻印がない場合、高額な罰金をとられます。また新型コロナウイルス感染防止策により、2021年7月現在ではマスク未着用の場合も罰金となっています。
Aさん
夜は出歩かないようにしています。また、日中は気が付くと5kmくらい平気で歩いてしまうのでとにかく歩きやすい靴が大事です。

ドイツ・デュッセルドルフのここが好き♪

・自然との共存
自然が豊かで毎朝鳥の声で目が覚めます。自然との共存を心がけた街づくりをしているのか、都会と自然の融合が非常に上手な国です。

・オーガニック大国
食に対する意識が高く、オーガニック商品がびっくりするくらい手頃な値段で買えます。ちょっとした身体の不調はハーブティーやホメオパシーで治す人が多いそうです。

・一見怖いがおしゃべり好きな国民性
ドイツの人はツンデレな人が多い印象です。強面でも困っている人や子供にはとても優しく、基本はおしゃべりが大好きな国民性だと思います。困った時には遠慮なく協力してもらってください。

・愛犬国家
愛犬国家で犬税がありますが、その分犬にも市民権があり、レストランや交通機関、ホテルへの同伴も可能です。

・旅行パラダイス
高速道路が無料なので日帰りでも遠出しやすいです。小さいお城がところどころにあり、近場でプチ観光ができます。ベルギー、オランダにも近く、新型コロナウイルスの流行が落ち着けばたくさん旅行ができると思います。

・欧州最大の日本人街
デュッセルドルフは市民の約4-5%が日系家族だそうです(新型コロナウイルス流行前情報)。欧州最大の日本人街のため、いろいろなサービスが日本語で受けられるのがとてもありがたいです。多少高くてもさまざまな種類の和食材が手に入るため、よほどこだわりがなければ食の面でホームシックになることはほとんどないと思います。
Oberkassel地区は日本人学校があるため多くの日本人世帯が居住しているエリアです。お店の人も日本人に慣れていて住みやすいです。日本人のコミュニティにあまり入りたくない方はOberkassel地区を避けた方がよいです。
Aさん
渡独時期を選べる場合には春~夏までをお勧めします。秋口からは日が短くなるため、”冬季うつ”などメンタル面で不調が出てくる人が多いです。まったくない人もいます。
街と自然の融合
人と動物、街と自然の融合
運営メンバーD
ドイツの他の地域の生活情報も掲載しています。こちらも参考になるのでご覧ください!

Enjoy your life in Düsseldorf!

おすすめ記事10選より紹介