赴任先で仲良くなった友達から刺激を受けています!

海外生活中

初めての海外生活、初めての専業主婦生活…不安な中から新生活をスタート。休職して帯同している、アメリカ在住Sさんへのインタビューです。

自己紹介をお願いします

Sです。アメリカ滞在1年3カ月で、子どもは2います。

日本では、専門職に10年従事(育休2回含む)しました。現在は、休職中です。 

どうしてその選択をしたいと思ったのですか?どんな日々を過ごしていますか?

夫の海外赴任が決まった際、家族はなるべく一緒にいたいという私と夫の希望から同行を決意。でも好きな職場なので退職はしたくありませんでした。会社には休職制度があり、夫と同じ職場のため理解も得られやすかったので、休職制度を利用し帯同しました。そして、就労規定で副職が禁じられていることから、現地で働くという選択肢はなく、専業主婦をしています。

私は料理と英語が苦手で、アメリカで暮らすこと=自然とこの二つと向き合うこと、になりました。こちらに来た当初は、三食+弁当を作ることに手いっぱい。英語は、夫に「“勘(カン)グリッシュ”だね」と言われながら、なんとなくやり過ごす、そんな状況でした。そもそも環境を変えることが苦手で、自分の英語力に自信もないので、こちらで生活していくこと自体に不安がありました。

でも、渡米から1年、“慣れ”と“すべてはなんとかなる”ということが分かった今は、ESL(English as Second Language)に通いつつ、友達と楽しく過ごしたり、スクラップブッキングをしたり、ボランティアしたり、そんな毎日です。

 

友達はどのように作りましたか?気を付けていることはなんですか?

幸いなことに、私の住んでいるエリアには日本人が多いので、ESLですぐに友達ができました。日本人が集まる場所に行けば、皆求めているものは似ているので、日本にいる時よりも友達作りのハードルは低いと思います。また、託児付きESLであったため、子どもと同年代の子を持つ友達も自然とできました。

とはいえ、元来インドア&閉じた性格なので、そのような場に行くときはなるべく“開いた心”でいることを意識して、新たな出会いをポジティブに捉えるよう努めています。

休職に関して言えば、職場からの連絡にはすぐに対応するように意識しています。また、このような人生経験をさせてもらっていることについて、職場へ感謝の気持ちを伝えるよう努めています。

 

続きを読む
1 / 2

ピックアップ記事

関連記事一覧