タイの文化に触れながらスキルアップと体質改善 ルーシーダットンとの出会い

バンコク

タイ在住中にルーシーダットン(タイ式ヨガ)に出会い、本帰国後は日本でインストラクターとして活躍されているYさんの体験談です。

自己紹介をお願いします

Yです。タイのバンコクで4年半ほど過ごし、2019年7月に帰国しました。
渡航前は夫の転勤に伴い国内の様々な地域で、幼児教育、デイサービス、製薬会社や食品会社での分析業務など、その時に自分ができることや、興味のある仕事に就いていました。

タイ在住中にルーシーダットンに出会い、数名のタイ人の先生から200時間以上のレッスンを受け、タイマッサージも学びました。本帰国した現在は、タイで学んだことを生かし、ルーシーダットンや、タイ式マッサージを取り入れたセルフケアの指導をしています。

ルーシーダットンを始めた理由やきっかけを教えてください。

タイでは夫の職場が遠く、週の半分は一人で過ごさなくてはなりませんでした。アパートでのトラブル対応や銀行での手続きなど、自分で対応しなくてはならないことが多く、渡航してからしばらくは何もかもが不安で落ち着かない日々でした。不安やストレスで寝付きにくい日々が続いたので、まずは眠れない時間をタイ語の勉強に費やそうと、本やYouTubeを利用して、読み書きなどの自主勉強を始めました。

数カ月後には語学学校にも通い始め、勉強していくうちにタイ語がどんどん好きになり、また例文に出てくるタイの文化についても興味を持つようになっていきました。

タイの文化と体づくりの両方の要素を含んだものが、タイの伝統的なルーシーダットンでした。ルーシーダットンとは、タイマッサージと共に、シワカ・コマラパ師によって、2500年ほど前にインドからタイへ伝えられたとされています。治療マッサージを行う施術者が自分自身の体を整えるために行う、マッサージ、ストレッチ、自己整体、筋トレなどの要素を含んだものです。

私は20代の頃から体調を崩しやすかったので、一年中暖かい気候の中で、タイの文化に触れながら体質改善ができるのではないかと思い、ルーシーダットンを習い始めることにしました。

習得するためにどんな取組みをされましたか?また、特にがんばった点、苦労した点はどんなことですか?

日本人が多く通うカルチャースクールで週に1回2時間半ほど、タイ人の先生にルーシーダットンを習い始めました。私の場合は始めてから数カ月はなかなか効果がなく、初級でやめようと思っていましたが、一緒に学んでいた仲間の誘いもあって受講を続けることにしました。

やるからにはしっかり学ぼうと毎日練習し、またレッスンだけでは充分に学べない部分については自分で調べるようになりました。さらに専門的なタイ語も勉強し、ルーシーダットンについて書かれている書物を読むなどして知識を深めていきました。

ツボやリンパなど、体についてももっと知る必要を感じ、タイ式マッサージ、ハーブボールマッサージ、オイルマッサージなど、他のスクールへも通い学びました。
どれも楽しく学べて、苦労と感じたことはありません。効果の出にくい自分の体にはイヤになることもありましたが、効果を信じて取り組みました。

そして、タイで日本人が経営する通訳付きのスクールで初級、中級、上級クラスを受講し、テストを受けてルーシーダットンのインストラクター資格を取得しました。

続きを読む
1 / 2

Pick Up記事

関連記事一覧